40代50代60代医師の転職

40を超えてからの医師転職

Home

医師の転職

医師の転職活動

医師が転職活動をするというイメージは、一般の人からみると違和感を感じるはずです。
しかし現在の医師は、深刻な医師不足や待遇面で不満を感じている医師が多い現状です。
その為多くの医師がもっと待遇の良い職場へと転職を希望しています。

医師が転職活動をする場合には、自分で転職先から面接の日時の設定まで行う場合や、信頼出来る医師の友人や先輩のコネクションで転職先を探す場合もありますが、知人の紹介は自分の希望と合わなくても断りにくいというデメリットがあります。

そして一番現在多いのが、人材紹介サイトを利用して転職先をみつける場合です。医師は忙しく、なかなか転職活動をする事が出来ません。その為、専任のキャリアコンサルタントが医師のこれまでのキャリアや希望する待遇面や職場環境の情報を元に転職先を探して来て面接の段取りや給料などの条件面での交渉を行ってくれます。

人材紹介サイトを利用すれば、医師は普段の病院での診療を続けながら、転職活動との両立が出来るわけです。

40代以上の医師転職事情

40代以上の医師転職事情について知りたければ調べていくことです。調べていくことで周りの医師がどのような目的を持って転職をしているのかを参考にすることができます。特に40代以上の転職にはリスクも付きものです。経済的に安定している年代であり、自分の理想を叶えるための職場を探すことは大事ですが、定期的に安定した収入を得ていく地盤も大事だからです。

調べるときにはインターネットを1つの参考にすることです。インターネットにはさまざまな情報が載っています。医師の転職を支援するサイトもあります。そのようなサイトを通じて、自分が知ることができなかったことを知ることができたり、活用することができなかったツールを活用することができたりします。

環境の変化をするためには、それなりの理由が必要になります。医師として転職をして成功をするためにも、40代になるまでの過程で多くのことを勉強しておくことです。情報を収集していくことも大事です。

20代~30代と40代以上での医師転職の違い

医師転職をするにあたって、20代~30代で行うのと40代以上で行うのとでは随分と違いが出てくることがあります。年齢によってスキルや実績などに違いが出てくる職業だからです。当然、雇用側としてはすぐにでも使える人材を求めていることから、スキルや実績の高い人を優先的に採用することになります。そうなると40代上の方がスキルや実績が高い人が多いため、有利になると思われがちです。

ところが実際は、お給料がその分、高くなってしまうこともあり、医師転職も一般企業同様、年齢が高ければ高いほど、思うようにいかないことが多くなってきています。最近はシフト制勤務で複数の病院やクリニックをかけもちしている医師も増えてきており、若い世代の方が融通が利きやすいという点が挙げられます。

このように、転職をするのならなるべく若いうちに行った方が無難です。その方がいろいろな職場を経験することができ、それこそスキルを身につけることができやすくなります。